LinkStation update

| コメント(0)
Lionにして困ったのがTimeMachine。職場のLinkstationにTimeMachineで接続出来なくなっていた。TimeMachineで使われるのがAFPのversionが3.3でこれを実装したNetatalkのversionが2.2.0。
しかし、Netatalkを開発しているNetAFPが資金難を理由にソースコードを非公開にしたupdate.jpgそこに、何社から資金提供のオファーがあり、公開を再開。LinkStataionもAFP3.3で正式に接続可能になった訳だ。

version.jpgLinkStationの設定画面でUpdateをかけるが、なぜか最新のVersionと表示される。
仕方なくHomePageからDLしUpdate。無事、TimeMachineも動いている。
しかし、今更AFPを使わなくてもSMB等のプロトコルでTImeMachineを動かせないものだろうか。どうも、Appleの戦略に乗せられてしまっている気がしないでもない。

コメントする

ポッチっとしてくださいませ!
にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

読んでるよ

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0

カレンダー

<   2011年8月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お天気

ジオターゲティング


ジオターゲティング